JBE English ブログ 1

1. 日本語に誇りを持って:
2. EdTechの英語
3. Learn something through English

    


1.日本語に誇りを持って:

日本人が英語学習に投入する熱意と金額は驚くべきものです。書店には英語学習書があふれ、英会話スクールも多数存在しています。しかし日本人の英語力は世界的にはそれ程高いとは評価されません。
 
世界に向かって、日本の立場や特徴を「言語の力でアピールできる人間」がさらに必要になっているという点は疑う余地がありません。しかし一方で「日本人はあまり英語がうまくない」というのは「日本がこれまで幸せな状況であった」ことでもあります。
 
作家の水村美苗氏が中央公論(2017年8月号)で興味深い視点をいろいろと提示しています。

パキスタンからイギリスに移民した女性二人が日本に来て「日本では英語がまったく通じない。なんて気持ちのいい国なんでしょう」と言ったそうです。「日本においてはみなが日本語で通じ合い、英語で通じ合えることがエリートのサインではない。パキスタンでもインドでも、(中略)英語が流暢か流暢でないかによって、階層が作り出されている」。日本はそういう社会構造になっていないので「気持ちがいい国」であるという意味です。
 
又これは私見ですが、日本語は発音に関して非常に整理され仲間内で通じやすくなっていて、それに慣れた日本人が、外国語の発音に苦労するのは当然とも言えます。この詳細はブログに書きます。
 
私としては 日本語 や 日本の社会に自信を持っていただきたいし、日本語を大事にしつつ、その上で、貴方や社会の幸せにつながるように「手段としての英語」を戦略的に学んでいただきたいのです。(→ セミナー 英語の4技能 

 
2.EdTechの英語

EdTechとはEducation + Technology という造語です。

Internet環境が整備されるにつれて、大学の講義をOnlineで、無料で受講できるMOOC(Massive Open Online Course)などが話題になり、社会が「情報技術を利用して、安価で効果的に学ぶ」事を目指すようになったのです。

(株)日本ビジネスエキスパーツ・JBE Englishは、EdTechの英語を追及していきます。「日本語と英語の本質的な違い」、「英語の本質的な仕組み・性格」を認識すれば、Internet上のResourceを効果的に利用できます。電子書籍:「これだけ!英語の4技能」「これだけ!英文レター・プレゼン」でその一端を示しましたが、今後とも本Blogやセミナー活動を通じて「EdTechの英語」を目指していこうと思います。       

 

3.Learn something through English

英米の人たちに、”I’d like to learn something through English, not only to learn English itself.” というと納得してもらえます。英語そのものを学ぶのはそれで良いのですが、英語を通じて人生に役立つ何かを学ぶと、それにつれて英語も上達してゆくと思うのです。

また、流ちょうに話すことよりも “content of your speech” が大事というと、これも納得してもらえます。相手に納得してもらうのに重要なのは「ぺらぺら喋る能力」ではなく「貴方が英語で話す内容」です。

全世界で3000万部売れた「7つの習慣、The 7 Habits of Highly Effective People」などは一読の価値があります。Proactive, Interdependence などの言葉とその重要さを知るだけでも意味があるでしょう。

これからも多様な視点に立って意見を発信していきたいと考えていますので、よろしくお願いいたします。
 
加藤 宏之

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ一覧

人生を語る英語 (1) Viktor E. Frankl

Ultimately, man should not ask what the meaning of his life is, but rather must recognize that it is he who is asked. In a word, each man is questioned by life; and he can only answer to life by answering for his own life; to life he can only respond by being responsible.

― Viktor E. Frankl, Man’s Search for Meaning

 

つまるところ、人間は自分の人生に意味を問うべきではなく、むしろ自分自身が問われていると覚悟しなければならない。 一言で言えば、各人は「人生」から問われている (お前は この状況をどう生きるのか と。); そして人は 自分自身の人生(の 環境)に答えを出すことによってのみ「人生」からの質問に答えることができる。;  逃げずに答えを出すことによってのみ「人生」に対し向き合うことができる。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – 思うこと:

今日は、ボクシング世界ミドル級チャンピオン・村田諒太 さんの座右の銘「人間は人生に意味を問うてはならない。人間が逆に人生から問われているのだ」からです。

Viktor E. Frankl(1905年-1997年)は オーストリアの精神科医でした。ウィキペディアでは 次のように 記されています。

「1941年12月に結婚したが、その9ヶ月後に家族と共に強制収容所のテレージエンシュタットに収容され、父はここで死亡し、母と妻は別の収容所に移されて死亡した。フランクルは1944年10月にアウシュビッツに送られたが、3日後にテュルクハイムに移送され、1945年4月にアメリカ軍により解放された。」

Frankl は、収容所の極限状況の中で、人間がその心の持ち方により ある者は人間の尊厳を保ち ある者はそれを失い、また ある人は生に向かい ある人は死に向かうのを目の当たりにして、自分の心理学理論に確信を持ちます。

だからこそ Frankl は「人間は人生から 問われている」、人生はその人に様々な状況を与えて、お前はどう生きるのか と問うている というのです。

原文はむしろドイツ語で読むべきでしょうが、その英訳文から日本語に訳しました。  (2019/10/28)

 

 

JBE English 英語超入門の特徴と背景

電子書籍 を利用した 日本一 「効果的・経済的なJBE English」英語超入門を紹介します。

スポーツは「身体を使う練習」と「頭を使うルール・戦術の理解」からなります。

練習:  走る・パス・シュート
 +
理解:  ルール・戦術・Sports科学

英語:JBE Englishも同じです。

練習:  発音・会話・読解・作文 ⇒ Internet資源(無料)
 +
理解:  仕組み・本質的性格 ⇒ 電子書籍(330円のみ)

開発の背景:
1. 仕組み・本質的性格を易しく教える教材がないので電子書籍で作る。
2. 電子書籍から すぐつながる Internet資源を使い コストを抑える。
3. 4技能は学習範囲が広く間延びしやすいのでコンパクトにまとめる。

本質的性格とは「英語は数えるのが好き、日本語は・・・」などの言葉の性格です。

 

 

新しい英語学習法 JBE English – 開発の背景

JBE English は、電子書籍 Kindle と Internet 資源 を組み合わせた新しい学習法です。

日本一 効果的・経済的な学習法となっていますが、その開発の背景は次の様なものです。

1.  現在の日本では、日本語と英語の性格の違いについて 教えられていない。
   
 英語と日本語を対比して、本質を学ぶと 学習効果が大幅に上がる。
    (更に 日本語の思考力の上昇も期待できる。)

2.  日本人は 英語学習に 金額をかけすぎている。
     現在の情報環境では、もっと経済的に学習できる。
     従って 電子書籍+Internet 資源 の組合せとし「EdTechの英語」とした。

3.  スポーツでも 身体を使う「練習」と 頭を使う「戦術や スポーツ科学」が必要である。
     英語も 身体を使う「実践(発音、会話、読解、作文)」と 頭を使う「仕組み・性格の理解」が必要である。

4.   しかし、「仕組み」を説明する英文法は English Grammar の伝統を受けつぎ、難解すぎる用語で逆に英語嫌いを産みだしている。易しい言葉で「仕組み」を説明する必要がある。

5.   更にEnglish Grammarが元なので、日本語と対比した「英語の性格」については気づいていない。

6.   英語の発音についても、実用的な説明がない。

「英語超入門」では、安く・効果的な JBE English により、誰もが TOEIC800点 レベルまでは自習できる英語学習法の紹介をしました。

今回の「英語超入門」と合わせ、英語学習のFinal Destinationである「英語のプレゼン」を作成し、初心から最終段階のいずれにも対応できる体制にしてあります。

「英語のプレゼン」では、世界初のビジネスの作成方法を応用したプレゼン作成法を提供しています。

11月2日(土)の「セミナー英語超入門」でJBE Englishを紹介しています。 

ご興味のある方は 是非 ご参加ください。⇒ http://eventforce.jp/event/401345 

 

英語学習に文法教育は必要か?

英語学習に文法が必要かどうかという問題は長く議論されています。全く必要ないという論者もいます。

(文法教育・否定派):各氏の発言は参考情報として 後半に掲載します。

祐樹せつら氏:英語教育者

(文法教育・擁護派)

鳥飼玖美子氏:立教大学名誉教授

澤口俊之氏 :脳科学者

 

私の考え方は次の通りです。「文法は『言語を理解する為に』産まれましたが、文法が学派別の難しい学問になり、英語嫌いを生みました。難しい学問ではなく、日本語と英語の『本質的な仕組み・性格』の違いを知る『道具』を学びましょう。その為に、文法の基礎用語も使います。」(これだけ!英語の4技能 から引用)

 

文法は「言語の構造」を理解するために誕生したもので、外国語を学ぶ時には「言語の構造」の理解は当然必要です。しかし、その為に 「先ず 学者が使う 文法用語 を理解しろ」というので、解らなくなるのです。

学者が作る学説ですから、当然 用語は 取りつきにくいし、「英文法」の場合は英語で成立したGrammarからの翻訳が入りますので余計に分かりにくいのです。

 

To不定詞 とか 原形不定詞 とか言いますが 不定詞 ( infinitive )とは何のことでしょう。通常の動詞の使い方が、人称(私、貴方、彼ら・・)や 時制(現在、過去)などで定まるので「定動詞」です。それに対し、不定詞は人称や時制に「限定されない、つまり 変化しない」のです。日本語の感覚で言うと「不定」の逆で「最初から 定まっている」ようにも感じます。 このような厄介な言葉を覚える必要があるのでしょうか。

さらに厄介なのは、人称や時制に限定されない のは「不定詞」だけではなく、現在分詞や過去分詞も同じで、これらはまとめて「準動詞」と呼ばれます。

 

英語の使い方を覚えるだけならば、「動詞の『To形』 や『原形』は このように使う」 でいいでしょう。

現在分詞 と 動名詞 もそうです。「Ing形はこのような使い方がある」で良いと思います。

 

ゴルフのスイングを覚えるのに、200ページの技術書を先ず覚えるようなものです。2秒間のスイングを覚えるのに役立つとしたら、要点はA4・2ページでまとめないと無理ですよね。

というわけで 結論:
英語を学ぶには、英語と日本語の「本質的な仕組み・性格」の違いを知りましょう。難しい文法用語はある程度やさしく言い直して、必要な分だけ理解しましょう。

 

(参考情報)各氏の意見内容:

 

祐樹せつら氏:英語教育者

「英文法を知らなくても」英語は話せるということです。これは僕が勝手に言っていることではないです。
世界の人が証明してくれていることですのでね。いわば世界の常識です。

英文法は、解説にハマると手がつけられなくなります。なぜなら英文法はしょせん、学者が勝手に作った後付けルールだからです。穴だらけのルールなので、真面目に取り組むと馬鹿をみます。あくまで「参考」と捉えるのが正解。(同氏のメールマガジンから。)

 

鳥飼玖美子氏:立教大学名誉教授

それでも、やはり文法規則は知っている必要があるのです。なぜって、知らないとセンテンスを組み立てられないし、センテンスを作れないとまともな会話ができないからです。(著書「本物の英語力」から)

 

澤口俊之氏:脳科学者

2018年6月13日のホンマでっかTVで「むしろ今までの研究では文法を学んでいた方が後々会話力が伸びるということが判っている」と発言。