従位節でwill を使う場合 ;Native Speakers の 議論から。

日本人は If ~、When ~、after ~、before ~ 等 の 従位節の中が、将来の事を記述している場合、そこに will を使いたくなります。

特にIf ~、When ~場合はNative speakers の間でも議論になります。

下記のSiteは、名著「続 日本人の英語 (マーク・ピーターセン著)」で論じられた “If I will be late, I will call you.” という文の是非です。

https://forum.wordreference.com/threads/if-i-will-be-late-i-will-call-you.770643/

それではNative Speakers の 辞書 や 指導方法を見て 理解しましょう。

 

1. 先ず、「節」と「文」について、定義をおさらいしておきましょう。

:主語Sと動詞Vを含む 単語の集まり。(S + V)

:少なくとも1つ以上の節を含む。2つ以上の節を持つ文もある。

接続詞:語句と語句を繋ぎ、また「節」と「節」 を繋ぐ。
            if, when, after, before等は接続詞。

従位節:2つ以上の節がある場合、片方の節(S+V) が 他方の節(S+V) を副詞的に修飾する場合、あるいは 他方の節 (S+V) の 動詞の目的語になる場合、従位節という。

if, when, after, before等 に続く節(S+V) は従位節と呼ばれ、他方の節(S+V)を副詞的に修飾する。この場合、他方の節(S+V) を 主節 という。

If (従位節), (主節).       /    When (従位節), (主節).

(主節), after (従位節).  /    (主節), before (従位節). など。

 

2. 次に will とは、どの様な意味なのか Longman Dictionary of Contemporary English で見ます。

名詞:
 1) Determination:決意
 2) Legal Document ・・・:遺言
 3) What somebody wants:意向、意思

動詞:
 1) Future:(未来に) ~となるであろう。
 2) Willing to do something:合意して行う、意思を持って行う、~のつもりである。
 3) その他

名詞:will の基本的意味は「意思」「つもり」ですから、動詞になると「~ するつもり」として未来を表すのは納得できます。

それが「意思がないだろう」と思われている天候などにも拡張されて It will probably rain tomorrow. などにも使われます。学校では「~でしょう」と習うものです。

 

3. If ~節、When ~節でwill をどう使うかNative Speakersの指導法を見ましょう。

“Should I Use Will or Would in an If-Clause?” というサイトを見ます。

https://www.grammarly.com/blog/will-would-in-if-clause/

このサイトに書かれている内容は以下のようになります。

 1) 従位節:If ~、When ~の中に「通常は」will は用いられない。

 2) If ~節、When ~節 の行動が、主節の行動の結果として起きる場合は will を使う。 

     If aspirin will ease my headache, I will take a couple tonight instead of this horrible medicine.

     アスピリンが(呑んだ後に)頭痛を軽減してくれるなら、今夜はこのひどい薬ではなく、アスピリンを2粒呑むつもりだ。

3) If ~節で 「 に合意するならば、 のつもりならば」 と言う時は、willを使う。

     I think I will warm some water for tea if you will excuse me. 

     もしよろしければ、お茶のためのお湯を沸かそうと思いますが。

If ~節、When ~節については、この3点の理解でよいと思います。

 

4. after ~節、before ~節については落ちついて考えれば判断できます。

次の2例を見て下さい。

 1) I will go to the movie after I finish my homework.
     宿題を終えた後に、映画に行くつもりです。

 2) He will buy a house before his son is born.
     彼は息子が生まれる前に、家を買うつもりです。

after ~節は「(~の事態)の後で」を意味し、before ~節は「(~の事態)の前に」を意味します。

ここで(~の事態)の内容を考えます。 

例文1の場合は 「宿題を終える:I finish my homework」の後です。「I will finish my homework:宿題を終えるつもり」の後 ではありません。

例文2の場合は「彼の息子が生まれる:his son is born」の前です。「his son will be born:彼の息子が生まれるであろう」の前ではありません。

これらの例では、将来のことでも will を用いることはありません。

(補足)
日本語は、従位節に当たる「~の後で」の場合は完了を意味する「宿題を終えた」という過去形になります。

「~の前に」の場合は未完了なので「彼の息子が生まれる」という現在形になります。

そして 日本語は 主節の時制が変わっても、従位節の時制は変わりません。

英語の「仕組みと性格」を解明する「これだけ!英語の4技能」を以下のボタンから ぜひ ご購入下さい。

英語の4技能 購入

Kindle電子書籍が初めての方は 電子書籍Reader(無料)をダウンロードして下さい。

Kindle 読書アプリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です