これだけ!英語の4技能

英語学習で悩んでいませんか?

・英会話で、うまく話せない。発音も説明が難しい。

・英会話学校も英語の本も値段が高い。一体いくらかかるの?

・読む、聴く、書く、話す、発音、英文法、どこから手をつけようか?


全部 本書で解決します。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

日本人が求める英語は、いくつかに分けることができます。

1.  海外旅行して困らない程度の英語 :搭乗・入国・買い物・食事。

2. 仕事で使える程度  :英語で交渉 / 取引先と深く付き合う。

3. TOEICの英語 :英語圏に住み、英語圏で働く英語。

4. 人生を学ぶ英語   :人生を深く楽しむ。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

どのレベルの英語を求めるにも必要となる基本があります。

基本とは  「英語の 仕組み・性格の理解」 + 「練習」 です。

「英語の仕組み・性格」 は、日本人が苦手とする本質を解説しています。

「練習」 はInternetを利用した Native英語で自習する方法を示しています。

本書は 拙著「これだけ!英語超入門」より詳しい 英語の仕組み・性格の説明があります。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

本書は440円でVolumeも A5版 120ページ 程度です。

本書は、Kindleストア からご購入ください。

Kindle 初めての方: →  Kindle 読書アプリ 

 

Kindle User の方 :    Kindleストア

 

Kindleストア 上部 の 検索欄に 「これだけ!英語の4技能」 と記入し検索してください。

 


 

(詳細説明 は 続きで・・・
 

 

1.Internet環境を利用して「学び」を自分で設計する:EdTechの英語。

2.英語の「本質的な仕組み・性格」を理解する。

3.Page数を絞りつつ、英語の「読み・聴き・書き・話す・発音・文法」の要点を網羅する。

4.本書の目的と前提

5.本書にご興味のある方は Kindleストアからご購入ください。

6.本書の目次

       

1. Internet環境を利用して「学び」を自分で設計する:EdTechの英語。

本書を書いたのは、「30年前と比較して英語学習環境が大きく改善している中、その学習環境を日本人は十分生かしていない」という理由からです。

これまで、英語を自習するのにInternet環境を使ってきましたが、その学習方法を体系的に解説した本がなく不思議に思っていました。 最近EdTech (Education Technology) という言葉が登場しInternet環境の活用も言われるようになりました。

「英語の本質的な仕組み・性格」を理解すれば、Internet 環境を利用した「実践(=実際に話したり書いたりする練習)」ができます。学びを自分で設計することができるのです。時間とお金を節約して自力で英語力を伸ばせます。EdTechの英語は「本質的な仕組み・性格」と「実践の方法」を教えます。               

 


2. 英語の「本質的な仕組み・性格」を理解する。

英語の本質的な仕組み・性格 とは「文法的な話題」もありますし「英語の性格」もあります。文法に関しては、学問としての英語文法をそのまま使う必要はありません。一部の難解な用語は判りやすく言い直しましょう。英語の性格とは、例えば「英語は名詞の数を数えるのに熱心である」等です。現在の英語教育の問題は「日本人が苦手とする点を『日本語・英語の仕組み・性格の違い』から解説したものがない」ということです。            

 

3. Page数を絞りつつ、英語の「読み・聴き・書き・話す・発音・文法」の要点を網羅する。

本書は「実践」と「要点」に分かれています。発音・会話などは「実践」しなければ身につきませんし、なぜそう言うのか、そう書くのかは英語の仕組みの「要点」を理解する必要があります。本書は英語の要点は実用に必要なものに限定し、実践はInternet環境で行えるようにガイドしているので、Page数の割には、英語の「読み・聴き・書き・話す・発音・文法」の全ての問題をカバーできるのです。要点の理解と実践の繰返しによりProactiveな学習、自分で考え・自分で行動する学習が身につきます。                            

 

4.本書の目的と前提

①. 目的:「英語の総合力 (読み・聴き・書き・話す・発音・文法) を育てる」

②. 前提:「中学校3年間の英語学習を終了している。」

③. 特徴:目次は「実践」と「要点」に分かれている。

 

「実践」は Internet 環境を最大限利用した練習によってEdTechの実現を目指している。「要点」 は英語と日本語の 「仕組み」を 理解する為の説明で、日本人が誤りやすい点を網羅している。

 

④. 注意点:Internetを利用する際の アンチウイルス機能、不正侵入防止、Phishingサイトの回避等のSecurityは読者が責任を持って実施してください。 当社はこれらの被害に対し賠償責任を持ちません。

                 

 

5.本書は、Kindleストア からご購入ください。

Kindle 初めての方: →  Kindle 読書アプリ 

 

Kindle User の方 :    Kindleストア

 

Kindleストア 上部 の 検索欄に 「これだけ!英語の4技能」 と記入し検索してください。

              

 

6.本書の目次


 [  基礎  ]
実践Ⅰ  英会話に慣れる
実践Ⅱ  発音
要点1  日本語と英語の比較
要点2  日本人の注意すべき品詞
要点3  前置詞
要点4  動詞の仕組み
要点5  助動詞
実践Ⅲ  読む・聴く・音読する
要点6  知覚動詞 と 使役動詞
要点7  接続詞
要点8  時制の一致
要点9  仮定の話(仮定法)

 

[  中級  ]
実践Ⅳ  書く・話す (自由な会話の準備)
要点10  接続副詞
要点11  動詞による to形 と Ing形 の使い分け
要点12  基本動詞+前置詞/副詞
要点13  様々な表現
要点14  英語を通じて学ぶ

 

[  参考  ]
参考1  文法の基礎
参考2  受身の例文
参考3  完了の例文
参考4  進行文:be + Ing形 の例文
参考5  仮定法・例文
参考6  比較の例文
参考7  疑問代名詞
参考8  疑問副詞
参考9  疑問接続詞
参考10  関係代名詞
参考11  関係副詞
参考12  関係詞 + ever

本書は、Kindleストア からご購入ください。

Kindle 初めての方: →  Kindle 読書アプリ 

 

Kindle User の方 :    Kindleストア

 

Kindleストア 上部 の 検索欄に 「これだけ!英語の4技能」 と記入し検索してください。

 

 


本書が 日本人の英語学習に役立つことを 祈念しています。

Custom makes all things easy. ( 習うより慣れよ。 )    

 

このエントリーをはてなブックマークに追加